首にあるポツポツって? | 自分を好きになる方法

自分を好きになる方法

自分を好きなる方法を試してみたり、生活の知恵を学んだり

首にあるポツポツって?

   

首にあるポツポツって?

 

よくお年寄りの女性の首を見ていると、小さなポツポツができていることがあります。

実はこのポツポツは老化によってできる腫瘍の一種なのです。

早い人では20代から出始めてしまう人も!

腫瘍と聞くと、癌などを想像してしまいがち。

首にできるポツポツとしたものは多くの場合、気にしなくていいです。

良性の腫瘍では、手術して除去することが可能です。

もちろん、手術しないでも体にとって害になるということはありません。

首にできる良性の腫瘍には以下のような種類があります。

老人性ゆうぜい・脂漏性角化症

老化と共に首にできる直径1ミリほどのポツポツです。

基本的に良性の腫瘍ですので癌化する可能性はありません。

放置しておいても害になることはありません。

加齢によって増える傾向があります。

平たく錠剤のような形のものをアクロコルドン、突起状のものをスキンタッグといいます。

軟性繊維腫

首や乳房、脇、股間など摩擦が多い場所にできる良性の腫瘍です。

見た目は肌色か少し濃い茶色で、正体は皮膚のコラーゲンと血管が癒着してできたものです。

肥満の人や高齢の人、妊婦さん、高血圧の人はこの腫瘍が現れやすくなる傾向があるようです。

大きさは5mm以上で大きいものをいいます。

ウイルス性疣贅

ヒトパピローマウィルスによって発生したイボです。

パピローマウイルスは口唇ヘルペスなどを引き起こすウィルスです。

一度でも口唇ヘルペスにかかってしまうと一生パピローマウイルスと付き合っていかなければいけません。

パピローマウイルスは免疫力が下がっている場合などに繁殖します。

なので、普段の生活において繁殖することはほぼありません。

時に皮膚などの傷口などに感染してしまうとイボになってしまいます。

このイボは他人に感染する可能性がありますので早めに治療するのがおすすめです。

 

 - スキンケア